底辺から早稲田きたけど質問ある?

偏差値40台の不良から早大生になった人のブログ

タイからカンボジアの国境で詐欺師と戦ったらプチ軟禁された

スポンサードリンク

f:id:shogs:20150818095417j:plain▼一緒にプチ軟禁された友達

僕と海外旅行行くとろくな目にあいません。事の経緯を書いていきますね。

今年の2月下旬ごろに友人と、タイ⇒カンボジアベトナムを陸路で渡るバックパッカーみたいなのをやってたんですね。二人ともほぼ海外行ったことないけれど、就活終わったことだしもうパーッと旅行でも行こうと。

f:id:shogs:20150818145627j:plain

で、着いてから3日間、タイをすっかり遊びつくしたのでカンボジアに行こうということで出発前日にタイからカンボジア行のバスを予約しました。出発が朝の9時。ビザの取得代金も込で1200バーツ(=4800円)ならまあまあ安いかなって話してたんです。通常なら、カンボジアの観光ビザを国境で取得するだけで20$(=2500円)かかってしまうので。

で、翌日見事にバスの時間に寝坊しました。

バスが9時発だから、8時45分には絶対こいよ!って何度もバス会社のお兄ちゃんには念を押されていたんですが、飲み歩いてた僕たちは全然ろくに聞いてませんでした。渋滞もあって着いたのが9時10分。東南アジアとか時間適当でしょwって舐めてました。

泣く泣く、他のバス会社のおばさんに「置いてかれちゃったよ~涙」って泣きついてみたら、色んな会社に電話してなんと30分後に出るっていうバスを抑えてくれました。これが450バーツ(1800円)痛い出費ですが、時間を浪費するよりマシということで乗り込むと。。。ん。。。???

f:id:shogs:20150818110243j:plain

国境まで残り15分くらいのところで降ろされました。ん?他のバスに乗っていた欧米系のバックパッカーたちもぞろぞろいます。どうやらここが休憩所らしい。もうすぐ国境なのに? 二人ともぐったりしてます。

するとバス会社のおっちゃんが「これから国境には別のバスに乗り換えなきゃいけないんだ!手続きを順番にするから一組ずつきてくれ」というと、順番に小さな小屋の中に連れていかれていきました。ん?本当に2、3人ずつしか連れていきません。胡散臭い。

バスの予約をした順だったのか、僕たちが最後にようやく名前を呼ばれ小屋に通されました。そして入るやいなや、

カンボジアに入るにはビザが必要だ!代金1600バーツ(=6400円)を払ってもらう!」とか怪しいおっちゃんがいい始めます。僕の中でブチッと何かが切れる音がしました。レートの問題もありますが、国境で取ればその半額以下で取れるので明らかに詐欺です。最初のビザ込のバス代より高いし。

 

僕「いや、国境で取るんでいいっす。早く連れてってください。」

おっちゃん「他の旅行客みんな払ったから!1600バーツ。早くしないと迷惑だからさっさと払って。」

これを聞いて旅行客をバラバラにした意味がわかりました(笑) 適正価格を知ってる人間をできるだけ切り離したいのと、少数だから不安で払っちゃうみたいな効果があるんでしょうね。前の旅行客全員のパスポートをバーッと見せてきたのでどうやら他の旅行者が払ったのは本当らしい。「バカだ」と正直思いました。

僕「国境で取れるの知ってるんで。早くバス乗せてよ」

と、イライラが絶頂に達していたのでキツメにいうと、なんとどこからともなくゴキブリのように10人くらいワラワラと人が出てきて入り口を塞がれてしまいました(笑) ここでまさかの軟禁作戦です。

でもここで負けたら嫌なので、顔真っ青な二人を置いといて「払え」「払わない」の押し問答を繰り返していました。

友人が「もう払うしかないよ。。。」と絶望感満載に言ってきたので、つい

「てか、俺らもうビザ代払ってるし!」

と言った瞬間、おっちゃんたちの目の色が変わりました。「え?なんて。。。?」

っていうので、遅刻して乗れなかった分のバスのチケットを見せると慌ててどこかに電話をかけ始めるおっちゃんたち。5分くらい待つと、「国境でまだお前らが乗るはずだったバスがいるはずだ。今から乗せてやるから早くこい。」と、急に解放されました。

で、バスに乗せられるとあっという間に国境に到着。

f:id:shogs:20150818113521j:plain

10分くらいで着きました(笑)歩けたじゃん(笑)

なんであの時解放されたのかわからないのですが、他の会社との利権の取り合いで揉めることを避けたかったのでしょうか。みなさんも陸路でタイからカンボジアを目指す際は気を付けてくださいね!結構詐欺の被害にあっている人が多い模様です。

初海外の友人にはひどい目にあわせてしまって申し訳ない(笑) 

 

ちなみに、国境を越えてからも、「バス停から町までトゥクトゥク500バーツな!」みたいな詐欺にあいました。これが結構悪質で、あえて国境からバス停まで遠回りしてあたりが真っ暗になった時間にしてから、自分で他の手段を探すことができないようにしてほぼ強制的に乗せるというものでした。

自分たちはAirbnbで現地に知り合いを作っておいたので迎えにきてもらえました。ラッキー。英語が使えなくても(たぶん)なんとかなりますし、全然知らない土地を旅行するときにはほんとおすすめですよ。

f:id:shogs:20150818115738j:plain

▼左から2番目がカンボジア生まれアメリカ育ちのSam。現地で助けてくれたホスト。

まとめ

色々ありましたが、今回旅の学びです(笑)

1.東南アジアでもバスに遅刻してはいけない。

2.カンボジアのビザは20$で取れる。あとは詐欺。

3.本場のタイ料理はうまい。女の子も可愛い。

4.タイからカンボジアへのバスは国営のモノを使おう。

5.Airbnbとかでローカルの人と旅行するのが最強。

www.shogoishizuka.com

 

早く海外旅行行きたいな~。そんじゃ!

 ショウゴ

 

Remove all ads