Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

底辺から早稲田きたけど質問ある?

偏差値40台の不良から早大生になった人のブログ

海外旅行をするなら使わなきゃ損!Airbnbの使い方とメリット・デメリット

海外・旅行
スポンサードリンク

Airbnbとは?

f:id:shogs:20150702161517p:plain

最近、名前を聞くことも増えてきたと思います、Airbnb

現在、世界200か国で使われているサービスで、なんとホテルではなく現地の人の家に泊まらせてもらうことができるという新しい形のサービス。

2008年にアメリカで始まり、ホテルでの宿泊よりもよりローカルな暮らしができるということで話題を呼んでいるサービスです。

 

しかし、名前やサービスの概要を知っていても実際に使ったことはないというひとも多いのではないのでしょうか?

そこで、今回は初心者の方にもわかりやすいように、使い方から、このサービスを利用するメリットデメリットをまとめてみました。

 

 

Airbnbの使い方

f:id:shogs:20150702161535p:plain

豪邸からツリーハウスまで、暮らすように旅をしよう。

 

早速アプリをダウンロード。

まずはサービスに登録しなくてはいけないので、sign upをクリック。

 

f:id:shogs:20150702161640p:plain

Emailアドレスで登録するか、Facebookと連携して登録するか選ぶことができます。

個人的には、Facebookの方が楽な上に後々使いやすいのでおススメです。(Facebook上に勝手に投稿されることはありません。)

 

指示に従って、登録を完了すると

f:id:shogs:20150702161722p:plain

このような画面が出てきます。

そこで、上にある虫眼鏡のマークをクリックすることで日にち、場所、値段、人数など細かい条件で検索することができます。普通のホテルの予約サイトみたいですね。

f:id:shogs:20150704183914p:plain

違う点と言えば、listing typeでprivate room, shared room, entire houseを選べることですかね。private roomは、ホストが同じ家に住んでいるけれど、フロアや部屋が別のパターン。shared roomはホストと同じ部屋だったり、他の旅行者と同じ部屋。entire houseはなんと家をまるごと貸し切れます!

 

 

f:id:shogs:20150704183941p:plain

 

本当に木の上の家や、プール付きの豪邸まで借りることができるのでぜひ自分で見てみてください。

f:id:shogs:20150702162708p:plain

イタリアの綺麗な豪邸もこんな値段で借りれます!

 

しかし、特別なのがここから。

「request to book」というボタンをクリックしてから、

いきなりホスト側にメッセージを送ります。

f:id:shogs:20150704184927p:plain

 

自分の簡単な自己紹介、いつ、誰とどんな目的で泊まるのかをホスト側に伝えます。

海外旅行経験があまりない方だとハードルが高いかとは思いますが、旅慣れている方ならいきなり現地のひととの交流が望めるのでわくわくするのではないでしょうか。

 

ぜひ、泊まるエリアが危険ではないか、ベッドはいくつあるのか、空港や駅まで迎えに来てもらうことは可能かなど聞いてみましょう。多くのAirbnbホストは優しいので、普通のホテルだったらしてくれない観光案内までも了承してくれることもあります。

 

英語があまり得意でなくても全く構いません。なぜならホストの多くはネイティブスピーカーではなく、第二言語として英語を習得しているからです。要件が伝わるようにだけ心がけましょう。

 

たいてい24時間以内にホスト側から受け入れの可否の連絡が来るかと思います。(Airbnbがホストに一定のルールを課しているため)ホスト側から許可が出れば予約完了です!

 

また、相手の情報を聞く前に予約をするのが怖い場合は、"contact host"というボタンから連絡してみましょう。これなら勝手に予約が確定されることはありません。自分はいつもこちらから予約しています。

f:id:shogs:20150704190027j:plain

▼自分が宿泊したカンボジアのプール付き豪邸。なんとひとり一泊$40でした!

 

■メリット

1.現地の人と仲良くなれる

旅行者を泊めるために用意している家も少なくはありませんが、多くは現地の人と同じ家に泊まることができます。現地のカルチャーやどのように暮らしているのかをきちんと見ることは観光だけでは難しいですので、ここは大きなメリットです。また、所謂観光地ではなく、ローカルな人たちがどんな場所で遊んでいるのか教えてもらうこともできますよ!

 

2.値段が安い

半分シェアハウスのような形でやっているものが多いうえに、ビジネスだけを目的にせず、世界中の旅行者と仲良くなることを目的にやっている人も多くいるため、料金がかなりお得になっていることが多いです。バックパッカーの方などは特に重宝しますよ!

今なら友人紹介キャンペーンで既に利用しているユーザーから新規ユーザーを勧誘すると3000円分のチケットが送られます!自分から紹介することももちろん可能ですのでぜひ連絡くださいね!

 

 

3.物件選びが楽しい

普通のホテルを探していると、正直似たりよったりなところから、ロケ―ションや値段で決めることが多いと思いますが、Airbnbではホスト側が多くのゲストに宿泊してもらうために、コンセプトを決めた部屋を作っていることが多いです。私の場合は、アンティークな旅館風の宿を作ることによって多くの外国人に支持を得ていました。

いつも通りのやり方で飽きてしまった場合には大変おすすめです!

 

 

■デメリット

やり取りがめんどくさく感じるかも?

通常はワンクリックで予約できるところを、ホストとの連絡を通してから予約しなくてはならないシステムは、宿の情報を多く聞ける半面、煩雑に感じる方もいるかもしれません。あまりコミュニケーションに興味がない方にはおすすめできません。

 

しかし、それ以外にデメリットはあまりないように思われます。

宿で何か起こった場合には保険をAirbnb側で準備していますし、ホストが危険な人物でないかどうかは過去のレビューやAirbnb側のスクリーニングでチェックすることができます。(また、ホストが旅行客に何かした事件は過去5年で一度も起こっていません)

 

少し一歩踏み出すのに勇気がいるかもしれませんが、ぜひ新しい旅の形に挑戦してみてはいかがでしょうか!? 

 

ショウゴ

 

Remove all ads